勤怠管理システムで管理レベル向上

img-1

従業員の勤怠管理はそれぞれの部門、そして会社としても管理をしなければなりません。
コンプライアンスという面においても勤怠に関する法令を遵守しなければなりません。

日本経済新聞情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

労働基準法では年間の勤務時間、1日の勤務時間が定められています。

まずその基準に収まるように管理しなければなりませんが、労働組合などと協定を結ぶ事によって残業を認められるようになります。

残業した場合も法令に定められている割増賃金を支払わなければなりません。

これらは就業規則に定めます。
また生産メーカーや店舗などでは必要な人員を確保するために勤務シフトを作成するなど、勤怠管理が必要となってくるのです。
残業などの時間数も最近は自動的に計算できるようになっているのですが、これらは勤怠管理システムで行うのです。

タイムカードの勤怠管理をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

勤怠管理システムがあれば従業員ごとに勤務シフトを登録して、日々の勤務実績を集める事で残業時間まで自動的に計算することができるのです。日々の勤怠もタイムレコーダーとネットワークでつなげる事でリアルタイムに勤務時刻を集めることができるようになります。



勤怠管理に必要なことはいつでも最新の勤務実績を確認することができるということです。早く手を打つことが必要で残業時間も一定時間を超えそうな場合に先に手を打つことができることがポイントになります。

勤怠管理システムがあれば社員コードで検索をしたり、 部門単位で勤務状況を確認することもできるようになるのです。

関連リンク

img-2
勤怠管理システムの拡張性

勤怠管理は会社に勤務している社員やパートタイマーなどの出勤状況をいつでも確認することができるようにします。管理という事になるためいつでも最新の勤務状況が確認できなければなりません。...

more
img-2
勤怠管理システムで業務負担の軽減

勤怠管理システムは社員の勤務状況を把握するために用いられます。タイムカードや電子カード、交通系ICカード、スマートフォンなどで打刻できるので簡単に導入できます。...

more
top